カテゴリー: blog (page 2 of 2)

婚活女子って強い

婚活って絶対私はしないと思っていました。自分は付き合っていた彼と結婚できると思っていたんです。けど現実は甘くないとはよく言ったもので、別れてしまったんです。

別れは私が32歳の夏のころでした。大事な話があるって彼に言われた時は「もしかしてプロポーズかも」なんて思ったんですが、それとはまったく逆の別れてほしいというお話でした。自分としては、信じられないという言葉が先にきたけれど、彼には「わかった」としか言えませんでした。

彼と別れても彼のことしか頭にありませんでした。そんな時、私よりも2カ月先に彼氏と別れた友人とご飯に行ったのです。
彼女は意外と元気で今は婚活をしていると言うのです。私は驚きました。でも彼を忘れるには新しい恋も必要だと友人に言われて、一緒に婚活をすることにしたのです。

友達は婚活パーティーに婚活アプリとダブルで使っているみたいでしたが、私は婚活アプリをすることにしました。婚活アプリ 40代で調べてみると、いろんなアプリがあることを知りました。最初は緊張してやっていたのですが、だんだんの男性にメールを送るのにも慣れていったんです。友達にアプリをするときには、写真はしっかり上げると男性が喜ぶと聞いていたので、写真も少し顔が分かりずらいけど、載せることにしたのです。

私がいいなと思っている男性アプリで出会ったのはアプリを開始して2カ月がたったころでした。これがいい縁になればいいなと男性にメッセージを送りました。するとなんとマッチングしたんです。私はとっても嬉しかったです。

でも気付いたんです。彼とメッセージのやりとりをしていっても、彼は私をバカにしたような返事ばかりするんです。今日何していたの?と彼が聞いてきたので、友人とご飯を食べたと言うと、そんなに食べるともっと豚さんになるよとか。そうやって愛のあるいじりなのかわからないやりとりをしていたんです。

ある日突然彼からメッセージがきました。いつも私から送ることが多かったので、嬉しくなってメッセージを見ると、そこにはブサイクとはもう連絡しないという言葉がありました。とてもショックでした。自分がいいなと思っている人から選ばれないなんて辛いと思ってしまったのです。

それを友人に話すと自分も似たような経験があるけど、そこで止まっていたら何も始まらないよと言われてしまいました。婚活女子は強いです。私も見習わなくてはいけないと感じました。

ゆとり世代の優しさにありがとう


私は今妊娠中でお腹も大きくなり、歩くのも中々大変になってきました。
病院へ行くのにどうしても電車に乗らないといけません。
利用している電車はいつも利用者が多く、席は座れず窮屈な状態でいることが多いです。
そこで、優先席を譲って頂きたく、マタニティマークをいつも鞄の見えるところに付けているのですが、席を譲って頂くことはほとんどありませんでした。

その日もいつも通り電車に乗り、利用者が多かったのですが、たまたま優先席が空いており座ろうとしたところ、年配の女性に席に手を置かれ、席を取られてしまいました。
確かに年配の方も優先席の対象ですが、とてもショックでした。
優先席には他にも中年の女性やサラリーマンが座っていましたが、やはり見て見ぬふりでした。
諦めてつり革を持って立っていたところ、肩を叩かれました。
肩を叩いたのは大学生ぐらいの女性で、「席、こちら空いてますよ」と座っていた席まで案内して下さり、譲ってくれました。

自分よりも若い人が譲ってくれる優しさにとても嬉しかったです。
私も、率先して人の為になるような行動をしたいと思いました。